ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

11,2/8(火) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:原、堀、住、正、清、佑、勇、唐、寛、裕、勝、福


●アップ
・コートを左右3周ずつドリブル。
 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。
 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。 

●動きながらのパス&トラップ
・2人1組でボールを1個持ち、15m間隔で向かい合う。
・ジグザグにパス交換をしながら前方へ進んで行く。
・1タッチ(ノートラップ)でのジグザグパス交換。右サイドの選手は右足で、
 左サイドの選手は左足で、ダイレクトパスをする。
・戻って来るときは、ボール保持者はドリブル、もう1人は軽くランニング。
 早く戻ってくれば、その分すぐにやれる=沢山プレー出来る、のだから、
 歩いて戻って来る選手は損をしていることになる。

●ドリブル~突破のドリブル~
・2箇所に分かれて向かい合い、それぞれ4人ずつ後ろに並ぶ。
・ボールは1個でプレーする。
・ボール保持者がドリブルを開始し、対面の選手はDFとしてゆっくりオフェンスに
 近づく。ボール保持者はDFとの間合いをみて、適切な距離でシザースフェイント
 からのドリブルでDFを抜く。
 DFを抜いたら対面の選手にパスを出し、パスをもらった選手がオフェンスとして
 ドリブルを開始する。
 同じようにDFが向かって来るのをシザースフェイントからドリブル突破する。

●ドリブル~突破のドリブル~
・2箇所に分かれて向かい合い、それぞれ4人ずつ後ろに並ぶ。
・ボールは1個でプレーする。
・ボール保持者がドリブルを開始し、対面の選手はDFとしてゆっくりオフェンスに
 近づく。ボール保持者はDFとの間合いをみて、適切な距離でシザースフェイント
 からのドリブルでDFを抜く。
 DFを抜いたら対面の選手にパスを出し、パスをもらった選手がオフェンスとして
 ドリブルを開始する。
 同じようにDFが向かって来るのをシザースフェイントからドリブル突破する。

●ドリブル(2)
・上記を、シザースフェイント(両足)を数回またいでドリブル突破。
・速く、沢山出来る選手は挑戦する。

●静的ストレッチ
・全員で大きな輪になって、1種目8×2秒。
 指示する1人が4まで数えて、他全員で5~8。
・ストレッチの声出しはONとOFFの切り替えのため。
 「これから練習を始めるぞ!」と気持ちを切り替えるために、
 練習を始めるための準備なのだから、全員で大きな声を出す。

●ペラドン
・7対7
・3タッチプレー。相手陣内に入ったらフリータッチ。
・シュートはヘディング。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、
 真ん中で奪う。(PIVOの前に出て奪う)
・センタリングはスペースへ上げる。DFが体勢を整えて、密集しているゴール前に
 センタリングを上げても、跳ね返されるだけなので、得点確立は低い。
 ヘディングシュートを打つことすら、難しい。

突破のためのドリブル~体重移動見極め~(1)
・マーカーコーンを2m幅で設置し、その間にDFが1人待機する。
 オフェンスはマーカーの間をドリブル突破する。DFは横にしか動けない。前後は無し。
 DFは片足で立ち、ケンケンするように左右に移動してボール奪取を試みる。
・オフェンスはフェイントを使ってDFを左右どちらかへ揺さぶらなければならない。 
 DFが左右に動いた時、膝にぐっと体重が乗る。
 体重が膝に乗った瞬間は逆に素早く移動出来ないのだから、その瞬間に逆を突く。
 体重移動の見極めさえ出来ればトリッキーなプレーや難しいフェイントは必要無い。

突破のためのドリブル~体重移動見極め~(2)
・上記をDFは両足でボール奪取を試みる。ただし、前後の動きは無し。左右にだけ動ける。
・オフェンスは左右に揺さぶるためのフェイントを駆使する。

●GKアップ(1)
・GKがゴールラインに立ち、FPは第2PKマークに、縦並びで待機。
 GKがFPに向かって軽くボールを転がすので、FPは少し走り込んで、ノートラップで
 GKの正面にグラウンダーでインサイドキックをする。
・ノーミスで10本連続プレー。

●GKアップ(2)
・GKがゴールラインに立ち、FPは第2PKマークに、縦並びで待機。
 GKがFPに向かって軽くボールを転がすので、FPは少し走り込んで、ノートラップで
 GKの正面に浮き球でインサイドキックをする。
・ノーミスで10本連続プレー。

●ゲーム
・原、寛、住、武コーチ
・佑、勝、唐、福
・清、裕、勇、堀


<話した内容>
・ALAがボールを持ったときに、PIVOはDFの立ち位置を見て、サイドに流れるか、
 真ん中で「くさびのパス」を受けるか選択する。
 DFが縦のパスコースを消しているのに、サイドに流れるのはもったいない。
 縦を切られているということは、サイドに流れてもパスは出て来ない。
 もし、そこへパスを出してしまったら、パスカットされるだけです。
 DFが縦のパスコースを切っているならば、DFとDFの間に入り、くさびのパスを
 受けるポストプレーを狙う。真ん中ならば、パスは通る。
 逆に、DFが中のパスコースを切っていたら(内切り、内絞り)、真ん中にいてもパスは
 もらえない。そのときにサイドに流れれば、パスは通る。
・挨拶は滑舌良く、大きく口を開けてはっきりと伝える。
 入り口で、開けたドアの目の前で挨拶をするのではなく、奥に入って、
 相手の目の前で頭を下げて挨拶をする。
・選手1人1人の行動によって、クラブ全体が評価される。
 各自、自分の行動に責任を持つ。