ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

11,2/22(火) Jrユースフットサルノート

☆U-15参加メンバー:鈴、堀、勇、正、井、住、勝、裕、福


●アップ
・コートを左右3周ずつドリブル。
 体をほぐす事が目的なのでゆっくりと走る。
 左右の体重移動や負荷を左右均等にするため、左右両回り行う。

●足裏ボールコントロール(1)
・1人1個ボールを保持する。
・片足の足裏の一番力の入る部位でもある親指の付け根(母子球)でボールを押さえ、
 大きく前後に動かす。
・慣れて来たら軸足で細かいステップを踏みながら行う。
・左右両足行う。

●足裏ボールコントロール(2)
・1人1個ボールを保持する。
・片足の足裏の一番力の入る部位でもある親指の付け根(母子球)でボールを押さえ、
 左右両足を使ってボールを左右に大きく動かす。
・慣れて来たら軸足で細かいステップを踏みながら行う。

●足裏ボールコントロール(3)
・1人1個ボールを保持する。
・片足の足裏の一番力の入る部位でもある親指の付け根(母子球)でボールを押さえ、
 アルファベットの「V」を描くようにボールを、「右斜め前→足下→左斜め前→
 足下→右斜め前→足下」と繰り返して動かす。
・慣れて来たら軸足で細かいステップを踏みながら行う。
・左右両足行う。

●ボールコントロール~インサイド~
・左右、両足のインサイドでボールを挟み込むようにし、
 細かいボールタッチを繰り返す。
・慣れて来たら、左右に大きく揺さぶり、ダブルキックを試みる。

●ボールコントロール奪い合い~
・1人1個ずつボールを保持し、センターサークルの中にメンバー全員が入る。
・常にボールを体の近くに置きながら、自分以外全員のボールを全てサークルの
 外に出す。
・なるべく背中を向けず、ボールを前に置いた状態で奪い合う。
・足裏、インサイド、アウトサイドを駆使してボールをコントロールする。
・後ろや横を向いてボールをキープせず、前を向いて相手にボールを、
 さらしながらプレーする事を心がける。

●ブラジル体操
・つま先タッチ
・後ろに足振り上げ
・外側真横に足振り上げ
・腰振り
・肩甲骨閉じる、開く
・腕振り上げ
・肩回し
・股関節回し前後左右

※ストレッチは練習に参加する以上、全員が大きな声で数を数える。
 「自分は練習に参加しています」という意思表示として。
 大声を出して自分の内側から「やる気」を上げて行く。
 チームに活気を出すために、練習を盛り上げる声は必要。
 静かに、し~んとした、暗い雰囲気で楽しいと思うのかどうか。
 選手本人が、自分で、チームを明るい雰囲気にする。 

●ペラドン
・6対6+フリーマン
・3タッチプレー。相手陣内に入ったらフリータッチ。
・シュートはヘディング。
・相手ボールになったらボールを奪いに行く。縦のパスコースを切って、
 真ん中で奪う。(PIVOの前に出て奪う)
・センタリングはスペースへ上げる。DFが体勢を整えて、密集しているゴール前に
 センタリングを上げても、跳ね返されるだけなので、得点確立は低い。
 ヘディングシュートを打つことすら、難しい。


<話した内容>
・上手いだけの選手は世の中に沢山いる。ボールコントロールのテクニックに秀でて、
 パス、ドリブル、シュートが上手い選手は、本当に数えきれないぐらい、日本全国
 溢れ帰っている。
 しかし、その「上手い選手」全員がプロになれているわけではない。
 「上手い選手」がなぜ上のカテゴリーで通用しなかったり、プロになれないのかを
 考えてみる。
 それは、フットボール団体競技であるということ、そして、勝敗のつくスポーツ
 であるということを理解出来ていないから。
 小さい頃にゴールデンエイジだから、ボールコントロールなど、技術を徹底して
 身につけさせればそれで良いと考える指導者が多い。
 しかし、それらは試合の中で行かせなければ意味がないし、自分一人がいくら
 上手く出来たところで、チームメイトと連携しなければ、11対11ないし、5対5
 を勝てるわけがない。
 では、勝利に貢献出来ない選手が、プロクラブのスカウトの目に留まるかどうか、
 といえば、留りません。
 技術がいくらあっても、周りのチームメイトとコミュニケーションを取れなければ、
 団体競技を戦う選手としては致命的。
 技術を追い求めるのも良いが、それよりも必要なことはある。
 チームメイトに、「いつ、どこにパスを欲しいのか要求する声」
 「ボールを奪うために、チームメイトを動かす声」「チャンスを広げるために、
 チームメイトに~に動いて欲しいと、伝える声」「チームメイトがミスをした時に
 励ます声」「より良いプレーをするために、味方のやる気を高める、褒める声」は
 団体競技を戦う上で、最も必要な、絶対なくてはならない要素です。
 高い技術を擁するにこしたことはない。しかし、人と人の信頼関係が築かれてこそ
 チームとして機能する以上、技術だけではどうしようもない。
 技術がなくても、フットボールで大成する要素はいくらでもある。
 逆に、技術しかない選手はどこかで自滅するでしょう。
 チームとして、一人一人やらなくてはいけないこと、これを全う出来る選手が
 上にいける。そして成功する。