ブラジル式フットサル講習会

ブラジル式フットサル講習会は、毎回さまざまなテーマでフットサル上達のための講習会を開催しています。 超初心者向けのフットサルスクールやチームクリニックも行っています。 ※競技系チームに関しましてはお問い合わせ下さい。 Copyright(C), 2005-2017 MIRACLON ブラジル式フットサル講習会 All rights reserved. このウェブサイトで掲載されている写真・記事・内容の出典を明記しない転載・無断転載・商用の転載を禁じます。

リフティングが上手い選手=試合で活躍出来る選手?

リフティング

インサイドインサイドドリブル

足裏ステップ

足裏→アウトサイドドリブル

インステップキック

リフティング

1バウンドリフティング

☆ボールの特徴をつかむ。

・ボールは丸いので足裏で軽く転がすだけで、自然と動く。

・足裏を使ってどの程度の力でボールを触れば、どの程度動くのか

・力加減(強弱)を覚える。

・ボールのどの場所(ボールの上下左右)を触ると、どのように動くのかを

理解する。

☆地面からボールをすくい上げる練習(インステップ)

・ボールの転がる進行方向に足を置けば、勝手にボールは足の上を

上って来る。

・ボールが足の上に乗った瞬間に腿を体の近くで真上に引き上げる。

そうするとボールが足の上に乗った状態で真上に上がる。

☆地面からリフティングを始める練習

・体の前にボールを置いて足裏でボールを押さえる。

そしてボールを体に近づけるように足裏でゆっくり引く。

ボールを引くと同時に引いた足をすぐさまボールの進行方向に置く。

ボールの進行方向に足を置けば自然とボールは足の上に乗って来る。

足の上にボールが乗った瞬間に足首のスナップを利かせて

つま先でボールを上に跳ね上げる。

そうするとボールが少し上に上がるので、あとはそのまま

ボールを蹴り続ければリフティングが出来る。

☆リフティング歩き

・その場でリフティングを行っても良いが、その場だと片足だけでリフティングをした場合、

リズムが非常に取りづらい。

特にビギナープレーヤーはリズム良く両足でリフティングをする事が

苦手なので、まずは無理やり両足を使わざるを得ない状況にし、

両足でリフティングをしてもらいました。

リフティングをしながら前に進むという事は片足でやるよりも、

普通に何もない状態で歩くように両足交互に使ってプレーする方が

リズム良くリフティングが出来ます。

☆アウトサイドでボールをすくい上げる練習

・体の横にボールを置いて、足裏でボールを押さえる。

足裏で体に近づけるようにボールを引いて、ボールを引くと同時に

足を離してその足をボールの進行方向に置く。

ボールが足(アウトサイド)の上に乗ったと同時に膝を曲げて、

腿を体に近づけるように前に引き上げる。

そうするとボールは足のアウトサイドに乗った状態で真上に上がって来る。

☆ドリブル練習

・ボールを体の前に置いて、足裏(親指付け根辺り)を使って両足交互に

リズム良くボールを前に押し出して行く。

・ボールを体の前に置いて、足裏(親指付け根辺り)を使って両足交互に

リズム良くボールを後ろに引いて行く。

・インサイドを使って両足交互に触るドリブル。

前に前に行こうとしないで、なるべく1タッチを軽く触ってステップを細かくする。

細かく沢山ボールに触る。

・両足アウトサイド(インサイドと同様にプレーする)

☆自分のドリブルスピードを知る

・自分の好きな部位(インステップ、インサイド、アウトサイド)を使って

ドリブルし、

コーチが指示する位置でボールをストップする。

ボールが体から離れないように常に体の近くに置いてドリブルする。

1タッチが大きくならないように細かく沢山触る。

ただし、スピードは落とさない。

最初は短い距離で自分のドリブルスピードとトラップするまでの時間や

難しさを知ってもらいたかったので、30cmで行いました。

続いて、少しずつ距離を伸ばして行って、1m・2m・3m・5mの

ダッシュドリブルを行いました。

☆ディフェンスの裏を取る

・2人1組でオフェンス、ディフェンスに分かれる。

オフェンスとディフェンスの距離は常に2m程度を保つ。

・オフェンスはインサイドとアウトサイドを駆使して、細かいタッチの

ドリブルでディフェンスを左右に揺さぶる事を意識する。

そして、ディフェンスの膝を見て、ディフェンスの膝に体重が

「ぐっ」と乗った瞬間にディフェンスの背中側へドリブルする。

・ディフェンスの姿勢は半身の状態を保つ。

背中側へドリブルされたらすぐに体の向きを逆にする。

※オフェンスはインサイドとアウトサイドを使って、左右に細かく

ジグザグドリブルするイメージで行う。

・片足の足裏でボールを押さえ、逆足でケンケンするようにして1ステップずつ、

前に進んで行く。帰りは逆足。

・片足の足裏でボールを押さえ、逆足でケンケンするようにして1ステップずつ、

後ろに下がって行く。帰りは逆足。

☆ボールの中心を知るための練習(1)

・片手でボールを持って、掌にボールを乗せて落とさないようにする。

・片手でボールを持って、人差し指~薬指の3本だけでボールを支えて

落とさないようにする。

・片手でボールを持って、中指か人差し指どちらか1本だけでボールを

支えて落とさないようにする。

※ボールの中心を支えられればバランスが取れるので落とさなくなる。

☆ボールの中心を知るための練習(2)

・ボールを足の裏で押さえて、ゆっくり体の方に転がす。

ボールが足の甲の上に乗った瞬間にボールをすくい上げて足の甲に

乗せる。

ボールの中心を足の甲に乗せる事が出来ればバランスが取れるので、

ボールは転がらずに足の甲にずっと乗せ続ける事が出来る。

☆リフティング練習(1)

・ボールを手で持ち、落としたボールをインステップで真上に軽く

蹴り上げる。

・足の指は上に向けず、床と平行になるようにする。

・蹴り上げる時は足首に力を入れる。足首に力を入れないとボールが

落ちて来る力に負けてしっかりと蹴り上げる事が出来ない。

・腿は上げないようにする。膝から下だけを使ってスナップをきかせて蹴り上げる。

※ボールの中心を足の甲で真上に蹴り上げる事が出来ればボールは回転しない。

ボールに回転がかかっている=ボールの中心を蹴れていない

ボールコントロールの技術向上を考えた場合、リフティングはボールに

回転をかけずに、無回転のボールで続けた方が良い。

☆リフティング練習(2)

・手でボールを持って始める。

・足の甲でボールを真上に蹴り上げ(無回転になるように)、

1回地面に落としてから再度真上に蹴り上げる。

これの繰り返し=1バウンドリフティング。

※上記(1)と同じフォームで行い、ボールに回転をかけない事を

心がける。

☆リフティング練習(3)

・上記(1)(2)でトレーニングした事を活かして、リフティングを

行う。

インステップでボールに回転をかけずにリフティング。

最高記録を目指してもらいました。

☆リフティング練習・補足

・手でボールを持たずに、床にボールを置いて足からリフティングを

始める方法。

・まず利き足の足裏でボールを押さえる。

ボールの置く位置は利き足を伸ばして、軽くひざを曲げてボールを

足裏で押さえられる位置。

体から少し離して。

・ボールは球体なので、おもいっきり転がさなくても自然に転がります。

だから、ボールを押さえている利き足の足裏で、ボールを体に向かって

軽く引く。(足裏でま後ろに引く)

軽くボールを引くと同時に、ボールを引いた足(利き足)をすぐ床に

つける。

そうすると足裏で引いたボールが自然に利き足の甲の上に乗るので、

乗った瞬間に足首のスナップを効かして上に跳ね上げる。

※蹴り上げるのではなく、足首だけで跳ね上げるイメージです。

跳ね上げる時は指先を主に使います。

・跳ね上げたらそのままボールを床に落とさないでリフティングを続ける。

☆ドリブル練習(1)

・つったちドリブル。シュート・パス・ドリブルがすぐ出来るドリブル。

☆ドリブル練習(2)

・同じ人数ずつ向かい合って、お互いに向かってドリブル。

正面の人にぶつからないようにドリブル。

☆ドリブル練習(3)

・正方形のエリアを作って、各4辺に同じ人数ずつ並ぶ。

各4辺の選手が同時にドリブルを開始。

正面と左右の人にぶつからないようにドリブル。

☆ドリブル練習(4)

<インサイドフックでの切り返し>

・右方向へドリブルしてサイドライン際でボールを右足インサイドで

止め、左へ方向転換。

インサイドでボールを止める際に足首に力を入れ、足を振り下ろすように

踝から土踏まず辺りでボールを押し出すように軽く触る。

この時の力が強すぎるとボールが左へ弾かれてしまい、体から離れて

追いつかなくなってしまう。

力加減に注意する。

左へ方向転換したら左サイドへドリブルし、サイドライン際でボールを

左足インサイドで止める。その後右サイドへドリブル。

これの繰り返し。

<アウトサイドフックでの切り返し>

・右方向へドリブルしてサイドライン際でボールを左足アウトサイドで

止め、左へ方向転換。

アウトサイドでボールを止める際は足を伸ばして、左足首をフックのように

曲げて、踝から小指の付け根辺りでボールを押し出すように軽く触る。

この時の力が強すぎるとボールが左へ弾かれてしまい、体から離れて

追いつかなくなってしまう。

力加減に注意する。

左へ方向転換したら左サイドへドリブルし、サイドライン際でボールを

右足アウトサイドで止める。その後右サイドへドリブル。

これの繰り返し。

☆ドリブル練習(5)

・マーカーを3m間隔に置いて、その間を片足でジグザグにドリブル。

・マーカーの間を通る時に必ずインサイドフックとアウトサイドフックを

駆使する。

☆ドリブル練習(6)

・上記マーカーの間隔を1m未満の短い距離にする。

・ボールを軽く押し出すようにドリブルしなければ、ボールが体から離れて

マーカーの間を通れなくなってしまう。

・力加減とボールをいかに細かく触るかを体で覚えましょう!

☆ドリブル練習(7)

・マーカーをジグザグになるように配置する。

・各マーカーを越える時に35度ぐらいの鋭角でのターンが必要に

なって来るので、上記(6)よりも足首を深く曲げてボールの進む

角度を変えなくてはいけない。

・(6)と同様にインサイドフック、アウトサイドフックを駆使する。

・正直、「リフティングが沢山回数多くやれる=試合で活躍出来る選手」だとは

思わない。実際にプロのサッカー選手でもリフティングが苦手な選手はいます。

例えば、試合中にその場でボールリフティングを4,5回以上するような状況は

生まれませんし、意図的にやったとしてもチームメイトにとっては迷惑なプレーで、

対戦相手に囲まれてボールを奪われてしまいます。

また、もし勝っている試合でサポーターを楽しませるためにやったとしても、

それは負けているチームに対して挑発行為ともとれてしまうので、やるべきでは

ないと思います。

しかし、スポーツのトレーニングで無意味な物はほとんどなく、そのどれもが

試合で必要になり得る技術を習得するために生み出されているので、リフティングも

その例外ではありません。

ポストプレーヤーが浮き球をトラップし、次のプレーにつなげるためには浮き球を

最低でも1,2回は自由にコントール出来なくてはいけませんし、浮き球のパスを

受けた時に足下や前方のスペースへコントロールする技術がなくては、パス及び

シュートへ持って行くことが出来ずに得点チャンスの機会を失ってしまいます。

リフティングが苦手な選手は、浮き球を次のプレーにつなげるためのボール

コントロールも苦手ではないでしょうか。

リフティングにも色々なやり方(プレー方法)があり、インサイドリフティング、

アウトサイドリフティングが出来れば、試合中にどこにボールが来ても、体の体勢

が悪くて正面以外にボールが飛んで来てもスムーズにトラップすることが出来ます。

また、インステップで膝ぐらいの高さへ無回転で真っすぐ真上に蹴るリフティングを

10回程度でもやれるようになれば、ボールの芯を捉えられているということになる

ので、シュート技術も身に付きます。ボールに回転がかかるようなリフティングしか

出来ない選手は、シュート技術が高いとは言えないような気がします。

子供やフットボールを始めたばかりの人たちが、リフティングで曲芸めいたことを

やれる人のことを羨ましがる傾向にありますが、そこに「テクニックはあるが、

サッカーが下手な日本人(ランダムハウス講談社/村松尚登 著)」につながる何かが

垣間見えます。

試合でチームの勝利に貢献出来、なおかつ一人の選手として自立出来る技術を

身につけるのが練習だと思います。リフティングは100回も出来る必要は

ありませんが、最低でもインステップ/インサイド/アウトサイドで、それぞれ10~

20回出来ることで試合での活躍につながります。

見方を変えて欲しいのは、リフティングが沢山出来る、曲芸的な技が出来る人=

上手い人ではなく、それらの技術を試合で活かせる人=上手い人だということです。